南国紀行2010

2010.07.01 Thursday

0
    今回もお願いします。キャセイさん。



    さて、今回の旅は南国の島国フィリピン。(もうインドネタにも飽きたでしょうし・・・。)

    "made in Philipines"の商品が日本を席巻したのも今は昔。

    最近は中国、ベトナムにシフトして、海外からのバイヤーはめっきり減ってしまいました。あまりないですよね。フィリピン製。



    ・・・がしかし、



    弊社にとってのフィリピンパワーは絶大なるものがあります。



    この国から入る商品はすべてオリジナル。よって相当なパワーを使っています。

    魂入っています。

    ・・・疲れます。







    まずは首都であるマニラに到着。

    豪快に走る”ジプニー”(乗合バス)を見てフィリピンの空気を思い出します。



    飛び乗って、降りたいときに”パラ(止まって!)”と言うと降りれます。



    でも、自在に乗りこなせるのは達人だけでしょう。旅の・・・。

    ドキドキしながら乗ったことがありますが、遠慮しすぎて止まれませんでした。(乗るコトが冒険でしたし。)







    各々の行き先は現地の人しかわからないでしょう。きっと。

    ルートが分かるようにはなっているそうです。

    お金はドライバーに手渡し。

    直接渡せない場合は、流れ作業で渡して、おつりもちゃんと戻ってきます。

    (ちょっと律儀なところに感動した覚えが。)



    さて、そんなこんなでベースキャンプはマニラとなります。

    都会にこればアメリかと同じ。

    外資系の買い物天国です。



    ・・・が食事がなかなか、コメントしずらい。





    超巨大ショッピングモール。



    フィリピンでは”ロビンソン”と”SM”という2大勢力が、モールを展開しています。”SM”の方が多いかな。



    とにかくでかい。(ららぽーと船橋ぐらいはどこでもあるような。)



    寂しくなったら、ここへ来ます。



    あと、お腹空いたら。



    マンゴーの山



    ランプータンの山



    マンゴスチンの山



    フルーツ天国! VIVA、フィリピン!

    詳しくなりました。果物。

    なんでもあります。

    マンゴー、パパイヤ、ランプータン、マンゴスチン、パイナップル、オレンジ、ジャックフルーツ、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、ドリアン、グレープ、メロン、ウォーターメ・・・・・。



    知っているだけ書いてみました。



    もちろん激安です。



    味も日本のそれらとは比較になりません。

    (でもミニストップのマンゴーパフェ大好きです。ハート





    基本的に島なので、海の幸も豊富です。





    それでは、マニラでの休息もほどほどにして、お仕事です。

    数時間かけて、工場に移動します。



    南国らしく、植物は青々しています。(持って帰りたくな〜る。)



    パパイヤも自生してます。マンゴー、バナナはもちろん。



    いざ、焼き物の産地へ。



    本当のフィリピンーローカルはこんな感じ。(大都会マニラとは違います。)



    ローカルのコンビニ。一通り揃ってます。







    植木鉢屋さん。

    一帯焼き物の産地では、こんな感じで、焼き物屋さんがたくさん並んでます。



    いよいよです。工場。







    やってます。職人さん。

    後ろのポスターが、男の仕事を感じさせます。





    想いが伝わらないときは、自ら轆轤(ろくろ)を回します。











    嘘です。



    ・・・っとまず、今回の新作テーマの1つ。

    ネオデコラティブシリーズ。(復活です。)





    こんな感じのテキトーなラフから始まって、



    きちっと製図したものをもとに、



    こんな型を作ります。



    そして・・・。



    ジャーン! こんなに忠実にデザインが再現されます。



    修正を多々加えて・・・。



    いざ、量産!



    あとはお楽しみ!

    (というか、まだできてません。)



    クレーム、愚痴、不満等の商談もひと段落。



    久々の再会をもてなしてもらいます。

    私の好物のカニで。

    さすがに一人で完食は無理。





    正直、ローカルなフィリピーノ料理は苦手ですが、ワタリガニの如く、こいつは美味い。



    ・・・美味い。



    すいません。





    エビなんかはこんな池で養殖されています。

    なんでも、産地だとか・・・。



    てっきり、海の物だと思って、食べてましたから、あとで聞いてちょっとびっくり。

    日本で淡水の物って、少々癖ありますからね。





    とはいえ、しっかりごちそうになって、他の用事も済ませたら、マニラに戻ります。



    冷房の効いた車内から見た外は、暑そうです。



    年間通して、こんな気温の国。(乾季、雨季はあります)

    暖房なんて、絶対要りません。



    年中こんな気温ですから、



    普通にプレコ*が外の池で泳いでます。

    そこらの溝にも泳いでます。



      *日本では熱帯魚として、大きいものは高価です。個人的にかなり好きです。





    フィリピンは、スペイン統治の時代が長かった為、地名などその名残で、町並みなんかも、アジアとは思えない素敵な場所もあります。





    サン・アグスチン教会:世界遺産。

    教会の中も100ペソ(約200円)で入れますが、それはそれは素敵です。

    ちょうどこの時は結婚式が行われてました。

    *教会内部の写真はNGです。



    マニラ湾、夕日。

    たまにはこんな奇跡の一枚も撮れます。

    ・・・微塵もロマンチックな事はありませんが。





    さて、今回もいつもながらにどたばた弾丸の南国紀行でしたが、本当に人々の協力には頭が上がりません。



    面倒なことも多々あります。



    ”え!”



    っということも数えきれません。



    しかしながら、結果オーライなので、許しちゃってます。



    我ながら、こんな面倒くさい日本人にちゃんと向き合ってくれていると思うだけで感謝を忘れちゃいかんなと思いますし。



    そんな情熱のこもった商品も続々入荷し始めます。



    いつもご贔屓して頂いているお客様。

    本当に感謝しております。

    今後とも情熱をもった商品をご提案させて頂きたいと思いますので、叱咤激励お願いします。





    また、これを読んで、



    「・・・なかなか面白いな。ワイズスペースさん。うちは仕入れたことないけど、こんな情熱に満ちかつ、オリジナリティー溢れた商品が売れないわけないだろう。(価格も手頃だし。)一度やってみるか。」



    なんて思われた方。





    ぜひ一度、弊社商品をお試しください。



    真心込めて対応させて頂きます。





    ・・・と今回はセールスで〆させて頂きましょう。





    ご愛読ありがとうございました。



    今後ともよろしくお願いします。





    2010年7月1日