出張記2012

2012.12.31 Monday

0

    いつも弊社の商品で挑戦して頂き誠にありがとうございます。

    大変ご無沙汰してます。

    2年ぶりの出張記になってしまいましたが、人知れず商品企画、開発は進んでおります。





    人知れず。







    さて、今回は...ちょっと長めかも・・・。



    まずドライにアメリカ・LAから始まって、中国、フィリピンそしてベトナム。

    サボった分とこれからサボるであろう分が融合してます。心してお読みください。

    (・・・それでもインドネタは抜いてます。)



    AA! アメリカンエアライン!



    ちょっと趣を変えてアメリカ西海岸ロサンゼルスからスタートしたいと思います。



    目的はもちろん”面白いもの”探しです。



    とはいえ、久々のロングトリップ。LAXに着いて早々まずは腹ごしらえ。



    INN-OUT-BURGER! 久しぶりです!チェーンの中では「FAT BURGER」の次に好きです。

    最近ほんと大人気のバーガーチェーンです。

    気ままに好きなようにオーダーできます。

    トマトなし、チーズダブルとかもちろんのこと、パティ2枚、3枚、5枚。

    3枚で半分にカットとか・・・。アメリカ人わがままです。



    LAの雑貨事情...



    サンタモニカの”アンソロポロジー”

    日本にはないですが、人気ですね。

    ガーデン雑貨もさることながら、特にアパレル、アクセサリーが女性に人気です。

    店内のディスプレイもイカシテます。



    ハリウッドの”La brea”通りはインテリアショップがいっぱいです。

    雑誌なんかでは、圧倒的にヨーロッパの紹介が多く、アメリカが紹介されたとしても、ニューヨークが多いですが、LAのショップもなかなかだと思います。

    とにかく、豪快です。







    たとえば、



    「Designers Views」

    豪快(再び)です。

    ロンドン、ニューヨークのセレブ御用達のショップです。もちろんここハリウッドでも・・・。





    ふらりと寄った、ビバリーヒルズのお庭。



    すごい植栽です。野生のディコトマみたいのがそこらじゅうに植わってます。

    アガベも・・・。

    やはり大型の多肉は人気なんですね。





    さーて、いろんなもの求めて、旅に出ます。

    車社会なんで、長ーいドライブの始まりです。もちろん自分で運転。



    道中、孤独に一人でツッコムことがいくつかありました。





    どんな道!?







    どんな町?こわ〜。



    ちゃんと植物もチェック。



    でかいアガベです。

    そこらじゅう一体。ココはもうネバダ・アリゾナです。



    結局ぐるりと回って、価格的にメインで扱える物に大した収穫もなく、大自然の中で頭もそれに同化してしまいました。





    ・・・しいて言えば、この大自然の感動を輸入したいですね。(途中ちょっと寄り道)



    ・・・とはいえ、流通している大半の雑貨は"made in Asia" 

    いろんなヒントになるものが、たくさん転がっておりました。



    でも、オリジナル商品はやっぱり、アジアで作りましょう。



    そんなわけで、まずはトラブル満載の中国へ!

    政治レベルの問題満載で、輸入業務にも支障がきたしておりますが、それでもやっぱり、「中国製」は手放せません。



    私を取り巻く中国との人間関係は「良好」そのものです。

    10年以上の付き合いの中で生まれた友情みたいなものもあります。

    (どんだけそれに助けられたか・・・。)



    まずは来ました”合肥”(HEFEI)。南京のちょっと西。

    空港

    日本ではあまり聞きなれない街ですが、でかい都市です。

    ここを拠点に車で南へ2〜3時間。



    活力ある六安(LUAN)



    魅力ある六安(LUAN)



    調和のある六安(LUAN)



    LUANに到着。 ほんとは看板もうちょっとありました。

    ここの隣まちで(LUANのインパクトが強すぎて、肝心の街の名前忘れてもた・・・。)サンプルチェ〜ック!



    材料の木。中国桐です。





    バスケットになるであろう木の根。

    乾燥中。天日干しのあと、さらに乾燥部屋へ。





    ムクチェアープロトタイプ。

    価格は安いが中空洞。

    見た目は問題ないけど、「ムク」は名乗れません。





    やっぱこれですね。

    これぞ「ムク」

    でも、重たい。





    ムクエルトールのバリエーションもほんとはこんなにありました。

    左から2番目がレギュラーに抜擢されました。

    好調です。お試しあれ。



    その後、形も少し手を加えて(焼いたり、塗ったり)いよいよメジャーデビューです!



    ムクシリーズ(*現在欠品多いですが、次回入荷3月(2013)になります。)



    合肥にもどり、ローカルフードというわけではありませんが、流行りの鍋?



    名前はよくわかりませんが、まず手羽先とか、エビとかの唐揚げと野菜を丸々のトウガラシで炒めたものが満載、鍋に入ってます。

    まず、それを食べる。(結構、量を食べる私でさえも、ほぼ満腹)

    そして、そのあとスープを入れて、火鍋が始まります。



    マジか! と思いつつも、女性も普通に平らげるので、平静を装って、頑張りましたが、この量はちょっと体に悪いでしょ〜。



    という感じの鍋です。でも、お店は超満員。なるほど美味しいからでしょう。





    さて、同じ”木”繋がりで、次はフィリピンに行ってみましょう。



    今年はよく来ました。”ニノイ・アキノ空港”





    メトロマニラ到着です。



    過去の出張記でもおなじみフィリピン・マニラ!

    ここを拠点に車で移動です。

    (ちょっと今回は先取り情報)



    フィリピンにもいい木があるんですね。

    これまた適当なラフから・・・。





    現地リサーチの工場に潜り込み。





    材料になる”アカシア”の木。

    重いです。丈夫です。ちょっと高い!(ちょっとじゃないかも・・・)

    よく食器として使われます。

    私の愛すべき”「チーズカリーバーグディッシュ300G」byびっくりドンキー”もアカシアの木の皿に乗ってきます。(おそらくフィリピンメイドです。)





    せっせと、日本人小僧の思いつきのラフをもとに作ってくれています。



    ケズル、けずる、削る。







    あーでもない、こーでもない。

    もうちょっと〜。

    こりゃいかん。

    ディバ?(「わかった?」)



    なんて、かわいくタガログ語を組み合わせて・・・。





    ジャーン!!!



    かわいい。

    こりゃ、相当かわいい。

    マガンダ・・・。(この言葉、日本で使うとlifestyleがバレます。)





    ・・・がしかし!ここは輸出に弱かった!!!



    でも、大丈夫。御期待下さい。

    (・・・ていうか、頑張ります。貿易屋として。)





    もちろん、テラコッタの仕事も忘れてません。



    詳細の図面を基に。





    型から生まれたて。





    懐かしい模様をつけてみました。

    いろんな模様を試してみます。



    これまた乞うご期待。





    長〜いテーマの一つ、皿の改良にも熱弁をふるい。

    (後ろのミニポットもデビュー候補生です。)



    夜な夜な虫に刺されながら、屋外での打ち合わせ終了。



    そんでもって、最近フィリピンで、うまいな〜と思う料理。



    いちばん左の鉄板にのったもの。

    Sizzling「シシリング?」(そう聞こえる)

    豚・牛・鳥バージョンがそれぞれあるんですが、肉をみじん切りにして、

    玉ねぎやら野菜で炒めたもの。

    コショーが効いてスパイシーなんですが、カラカラに焼かれた肉の旨みが玉ねぎと絡んでうまい!

    これにぎゅ〜と柚子っぽいものを絞って食べると、これまた絶品。

    フィリピンNo.1おつまみだそう。(私的にはご飯何杯でもいける感じ)



    フィリピン編。

    なかなか景気の悪い話の多いフィリピンではありますが、今回の新作は楽しみです。

    企画通りに、商品ができるように注視しておりますので、どうぞご期待下さい。





    さて次は。



    メコン川が見えてきました・・・。



    さて最後はホーチミン・ベトナムです。



    ここはなんかフィリピンと逆で、景気のいい話が多い。

    チャイナプラスワンの有力候補と言われています。



    民主化政策をとっているミャンマーの話もよく聞きますが、ここホーチミンではカンボジアとのビジネスの話をよく聞きます。

    一度行ってみたい気がします。



    本当はこのままプノンペン(カンボジア首都)にバスで4〜5時間旅したいのですが、まずはお仕事です。





    ・・・いや、腹ごしらえです。





    バインセオ。



    ベトナム料理万歳!!!美味いです。幸せです。





    さぁ、仕事です。




    まずは”アース”の工場です。

    よく「小さいサイズないの?」とご意見頂くのですが、ここの工場は大型商品専門です。



    「”小さい”モノもデキルヨ。」

    というのですが、明らかに大味になりそうなので。

    私の中では大型商品専門です。







    でかい新作です。

    ワイズ史上、量産の中ではナンバー1でしょう。(物流どうするぅ〜汗。)



    ご期待下さい。





    アースのストーンシリーズのザラザラの正体。



    釉薬の一種です。それを吹きつけます。



    大きい登り窯です。ガス釜もあります。



    だいたい1週間〜10日この中に焼き物を入れます。



    どんな新作ができるのでしょうか?

    楽しみです。





    その後、リクエストの多いお皿、価格、クレーム等の話をして、

    またまたお食事。



    今回は海鮮お願いしました。



    食べたかった



    生きてます。



    そして料理になって出てきます。



    あ〜ぁ〜。



    うまい。・・・すいません。



    ベトナム独特の食べ方だと思うのですが、

    塩とコショーに柚子を絞って、日本のワサビを混ぜる。

    それにエビなんかをつけるのですが、このつけだれは私も日本で真似てます。

    とても美味しいのです。





    いやぁ〜。

    その他、工場を周ってはみたものの、物価の上昇、特に人件費なんでしょうね。

    高騰激しいです。

    最近の日本では円安傾向にあるし・・・。







    見て下さい。この美しい町並み。



    よく泊るホテル。(左)(高くないです。)

    ほんと美しい。1880年に建てられたホーチミン最古のホテル。

    古いですが、何より朝食がしっかりしてます。





    観光の目玉?ベンタイン市場の夜も素敵です。









    今回もきれいなコメントで終わりたい気がしますが、旅自体は非常にタフなものです。

    本来の希望としては”ウルルン滞在記”的に感動と涙モロモロで、



    「あ〜素敵な旅だった・・・。」と。







    そこは仕事。口論に近い議論も交わすし、挫折してしまった関係も数知れず。(残念ですが)



    ただ、常に、より強固な信頼関係を作る為の努力も惜しみません。

    その結果が弊社の商品のあらゆる面にに反映しております。





    いろいろな国のパワフルにモノつくりに励む人々との出会いには興奮さえ覚えます。

    そんな興奮をカタチにして皆様にお届けできれば、ひとまず達成感を感じることができます。







    しかし、



    これらは、あくまで裏話です。

    いわゆる”メイキング オブ Y'S アイテム”です。





    個々商品に関しては問答無用で叱咤激励お願いします。

    あらゆるアドバイス、ご意見お待ちしております。





    スタッフ一同、やたらに熱く商品を薦めることがありますが、これらの商品に対する想いは共有しているからかも知れません。(もちろんただ売りたいだけかもしれません。)





    今後も一同、より良い商品の提案に挑戦をさせて頂きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。





    今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。





    弊社に関わるすべての方々に







    感謝





    です。





    2012年12月31日



         山口





     

    関連する記事
    コメント
    コメントする